代表挨拶

  平成9年に設立いたしました有限会社 環工房はインテリアコーディネートを主流とした建築のデザインを多く手がけてまいりました。施主様の描く夢を実際に形にしていくためのご提案とアイデアを一緒に考えながら業者様に伝え、実現していく橋渡し的な存在でもありました。建物だけではなくお庭も同じ空間のデザインと捉え、ガーデンデザインもご提案していました。

 

 しかし、代表であります私が平成16年に脊髄の難病を発症し、車いすユーザーとなり、もう出来ないと思い、しばらく休業しておりました。

 

その後、障がいを持ったからこそ分かったことや知ったことがたくさんあり、障がい当事者講師として小学校、中学校、高校、医療・福祉系専門学校、大学、町内会、企業様などでバリアフリーやノーマライゼーションの普及のための講演をさせて頂き、行政にも当事者目線でのまちづくり提言をさせて頂いております。牧野准子の講演実績は平成19年より500件を超えました。

 

障がいがあっても出来ること、障がいを持ったからこそ分かることや伝えたいことがたくさんあります。この経験を活かして、ノーマライゼーション理念のまちづくりや、住む人に優しい環境づくりの提案を続けて参ります。また、障がいのある人の社会進出の扉にもなりますように尽力してまいります。今までのご厚情にあわせまして、今後ともご指導とお引き立ての程、どうぞよろしくお願いいたします。

 

有資格

 

 二級建築士

・インテリアコーディネーター

・キッチンスペシャリスト(登録講師)

・マンションリフォームマネージャー

・福祉住環境コーディネーター2

・ホームエクステリアアドバイザー

・増改築相談員

・公益社団法人北海道家庭生活総合カウンセリングセンター認定一級カウンセラー

一般社団法人サービス診断士協会認定サービス診断士

 

※平成28年度 公益社団法人ノーマライゼーション住宅財団福祉助成リフォーム部門1位(自宅マンションを障がいがあっても自立と生きる力が持てる住環境が欲しいと自らバリアフリー設計、コーディネートしたことを評価していただく)