この度、株式会社ミライロ様の運営するユニバーサルマナー協会のユニバーサルマナー検定のパートナー講師をさせて頂くことになりました。

https://www.mirairo.co.jp/

 

平成14年、株式会社ミライロ様の垣内社長のことを知り、FBでご縁を頂きました。ミライロ様の理念に共鳴し、以来北海道にもユニバーサルマナーを広げたく、何回かミライロ様にも伺い、この中で講師の岸田ひろ実さんにも札幌に来て頂くことができました。彼女のお話しも日頃の私の思いと共感することだらけで嬉しくなりました。

 

やっと夢が実現しました。株式会社MVPクリエイティブジャパンの大海さんにご協力を頂き発動いたしました。たくさんの方に当たり前の思いやりや配慮の術を知って頂くことで、社会が変わっていくと信じています。それが私の今出来ることの使命の一つと考えます。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

もし、企業受検、団体受検に関心のおありの方がいらっしゃいましたらメールで気軽にお問い合わせください。

 

kan_jn@yahoo.co.jpユニバーサルデザイン()環工房 牧野まで。

 


 

5月は障がいのある人ではなく「生きづらさのある人のお話を聴くサロン」の開催です。

 

LGBTの方、化学物質過敏症の方、まだまだ知らないことがたくさんあります。当事者のお話から学ぶことや気づくことがきっとあるはずです。

 

初めての方も大歓迎です。お気軽にご来場お待ちしております。


 

 

1人目は聴覚障害の杉山さん。見た目は分かりませんし、障害があっても色々な社会参加をしてボランティアなどもしています。

コミュニケーションの重要性や情報についてもお話しが聴けると思います。手話通訳さんがつきます。

 

2人目は介助犬を連れて車いすユーザーの中さんが講師です。介助犬って知っていますか。知っておきたいことが色々あります。

北海道には、まだまだ少ないのです。


 

 

今回は障がいのある人の家族のお話を聴くサロンです。

いつもとは違った視線でのお話しが聴けると思います。

一緒に考えて時間を共有できますように。


 

節分ですね。まだまだ寒い日が続いておりますが、春の訪れはもうすぐそこまで来ている気配です。

 

「平成30年度北海道男女参画輝く女性のチャレンジ賞」を1月22日に北海道知事からいただきました。

賞に恥じないように早速、今年度もチャレンジを始めることにいたしました。

 

車いすになって分かったこと、障がいのある自分だからできることとして、車いす建築士目線で伝えていきます。

 

知って頂くことから始まります。

ちょっとした工夫や配慮で共生の社会に変わります。

きっと生きる力やアイデアが見つかると思います。

 

これからも頑張って参りますので、応援よろしくお願いいたします。

お気軽にお問い合わせください。

 

kan_jn@yahoo.co.jp まで

 


 

ユニバーサルデザイン(有)環工房では、出張コンサルタントを

行っております。

会社のオフィスのバリアフリー化、店舗、住宅の改修を考えている方、建築会社や工務店、設計会社に頼む前にどこをどう改善したら良いかちょっと相談したいというときにご相談ください。

長年の建築士、インテリアコーディネーターとしての経験を元に、専門的な知識+車いすの障がい当事者目線でアドバイスさせて頂きます。

企業様からのご相談でも、施主様にも対応いたします。

 

また、ハード面だけではなくソフト面での障がいのある人の職場環境や接遇についても専門的な福祉の知識を持ってご相談賜ります。

 

1時間ごとに5,000円、ご予約の際にご希望の日時と時間帯をお知らせください。

時間内でしたら、複数の相談も可能です。

 

kan_jn@yahoo.co.jp まで

 


1月22日、一生の記念に残る日になりました。平成30年度「北海道男女参画チャレンジ賞 輝く女性のチャレンジ賞」の授賞式でした。

高橋はるみ知事から直接、頂きました。

38歳で建築デザインの会社を起業し、インテリアコーディネーター、建築士の仕事をしていました。仕事が楽しくて3人の子育てもしながら夢中で寝ないで働いていたら、平成17年にちょうど北海道インテリアコーディネーター協会の会長をしているときに脊髄の進行性難病を発症してしまいました。落ち込みました。
自分が駄目な人間になってしまったような気がして一時は何も考えられず、何もする気が起きずにいました。

でも、色々な経験をしてカウンセリングを学んだり、人と関わることで自分を見つめ直すことができました。

多くの人に支えられて、一緒に活動してきた仲間に元気をもらい今日があります。

皆さんに感謝しながら、これからもチャレンジしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 



第3回目の「障がいのある人のお話を聴くサロン」の開催のご案内です。

今回は、昼の部開催です。

第2回目は定員を上回り、お越し頂けました。

障がいって何でしょう?障がいがあってもそれぞれの生き方が違います。工夫と周囲との関わりで変わります。

まずは知って頂くことから。

2月9日(土)

十勝の音更町に講演させていただきました。

音更町はお豆が特産品です。

人も温かく、また訪れたいと思いました。



今年から、スタートしたこのサロン。

会場はプラット22です。(車いすトイレもあります)

 

一般の方にも聴いていただきたくて今回は18:00開催です。

お申し込みは  toiawase@plat22.com まで

 

今年の予定をお知らせします(変更になることもあります)

1月23日(水)18:00~19:30

2月20日(水)14:00~15:30

3月19日(火)18:00~19:30

4月16日(火)14:00~15:30

5月22日(水)18:00~19:30

6月18日(火)14:00~15:30

7月24日(水)18:00~19:30

8月21日(水)14:00~15:30

9月25日(水)18:00~19:30

10月23日(水)14:00~15:30

11月20日(水)18:00~19:30

12月18日(水)14:00~15:30

 

 

障がいのある人とどのように関わっていいか迷うことはありませんか。

障がいのあるなしにかかわらず、人と接するということが基本になります。できることできないことがそれぞれ、どんな人も違うようにまずは知っていただきたいと思います。

ハンディを持ちながら、自分なりにできることを考えて生きている二人のお話を聞いて、みんなで考えてみませんか。心に響くことがあるはずです。


市民公開講座

 

「障がいを持っても生きる力が持てること

           ~車いす建築士の思いから」

 

7月14日(土)14:00~

旭川市で講演の機会を頂きました。

 

特定非営利活動法人 住まいるイン旭川・旭川市・北海道建築士会旭川支部・北海道建築士事務所協会 旭川支部 様の主催です

 

15年住んでいた旭川。(有)環工房を設立したのもこの地でした。

また、再びここでお話しをさせて頂けますことを幸せに思います。

 

初めましての方にも、懐かしい方にも障がいを持った私だから分かったことを伝えたいと思います。

 

住環境を整えること、自分の心の向け方で生きる力が湧くことを知りました。

 

お申し込みは 0166-25ー9708

旭川市建築部建築総務課 土出さんまで


 

 

インテリア産業協会主催「暮らしから育てるインテリアキャンペーン2018」にてセミナーを担当させて頂きます。

車いすのIC(インテリアコーディネーター)として「福祉住環境を整えることで得られる生きる力」障がいを持って生きる~機能ばかりではないお洒落な福祉空間というテーマで講演させて頂きます。

 

真のユニバーサルデザインとは何か。マニュアルには載っていない、障がいをもったからこそ見えたもの、なったからこそ分かった貴重な体験から、車いす建築士、インテリアコーディネーター目線の切り口でお話しさせて頂きます。

このインテリア産業協会のインテリアキャンペーンには、ちょうど14年前、北海道インテリアコーディネーター協会会長就任時に進行性難病発症直前にセミナーをさせて頂きました懐かしい思いがあります。もう、2度とこのような機会はないと諦めて、落ち込んでいた時期もありました。

 

まだ、30年近く前、私が建築のかけ出しのひょっ子の頃からお世話になっていた、インテリア研究所の山本信先生と桂先生.秤さんに今回、お声をかけて頂きました。そんな長い間、私のことを忘れずにいつも見守って下さったのだと思うと、有り難く胸が熱くなります。

 

5月16日(水) ロイトン札幌2階
 私はセミナーAになります。11時から12時です。

申し込みはファックス011-768-7721
メールはjiia-hokkaido@interior.or.jp
セミナーA希望でお申し込みください
お問い合わせは011-758-0222

 
インテリア提案ブースや女優の川上麻衣子さんの「スウェーデンのライフスタイルとガラスデザイン」講演会もあります。

 


札幌市社会福祉協議会

ボランティア活動センター4階にて

『障がいを理解するための研修会~身体障がい者編』

 

今年も講師をさせて頂きます。
4月18日(水)10時~12時


障がいを持って分かったこと、知って欲しいことを、当事者目線のエピソードを交えてお話します。障がい者理解のための研修会です。

 

お申し込みは、ボランティア活動センター 大通り西19丁目  電話011-623-4000

ファックス011-623-0004  ✉ vc@sapporo-shakyo.or.jpまで


2月18日(日)檜山の江差町で開催します。楽しみながら、ユニバーサル接遇を知ってみませんか。緊急時の対策について知っておくとためになるお話しもあります。

 

車いすの建築士目線での檜山地区の建物のバリアフリーチェック及びアドバイスも行う予定です。


一般社団法人 日本UD観光協会 

観光介助士初級講座にて特別講師をさせていただきます

 

2月24日(土)一般社団法人 日本UD観光協会による観光介助士 初級講座です。高齢の方や障害のある方の関わり方を、プロとして観光介助についての知識とスキルを身につけて、思いやりのあるおもてなしに繋げませんか。企業様の信頼と安心の証にもなります。もちろん一般の方にも是非受講していただきたいと思います。
今回は私が一部講師をさせて頂き、日頃仕事や観光で各地を回った時に車いす目線で感じたことや、嬉しかったことや残念だった経験談などを含めたユニバーサルマナーについてお話させていただきます。
詳しくは下のサイトをご覧ください。
https://www.facebook.com/juta.jp/2gatu24niti